ナチュラルドッグフードはアレルギーの心配なく与えられるのが魅力

wpmaster

アレルギー反応が起こると、目が充血したり皮膚に炎症が起きたりします。

大切な愛犬がそのような症状で苦しむ姿は見たくないと、

飼い主なら誰しもが思うことでしょう。

そこで考えるべきなのが、愛犬に与えるドッグフードのことです。

ドッグフードの原料の中には、犬が普通に食べられるものだけではなく、

アレルギーを引き起こしやすいものもあります。

rapture_20161101195240

そういった原料を排除したドッグフードを与えるようにすれば、愛犬を苦しませずに済むと考えられるのです。

 

アレルギーの原因となる可能性が低い原料だけを利用して作られているドッグフードの1つとして挙げられるのは、ナチュラルドッグフードです。

このドッグフードに配合されている原料の全ては、きちんと表示されています。

 


その表示を見ると、ナチュラルドッグフード・ラムは、生のラム肉、玄米、全粒オーツ麦、

ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母、海藻、ラム精製油からできていることが分かります。


 

そして、一般的にアレルギー源となりやすいと言われている大豆や小麦、とうもろこしや乳製品、

 

牛肉や豚肉などが一切使用されていないこともよく分かるでしょう。

13106a0de322bb0a1285f7d57f07f0f2

ナチュラルドッグフード・チキントリーツにも、これらの原料は使われていません。

 

生ラム肉やラム精製油が鶏肉・乾燥鶏肉とチキンオイルに変更されているだけで、

基本的な原料はラムもチキントリーツも同じなのです。

 

ちなみに、原料には重々配慮してあることが分かったけれど、

添加物にはあまり気を使っていなくて良くない成分も配合されているのではないかと心配になる飼い主もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、ナチュラルドッグフードの場合は、無添加にもこだわっているので、心配は無用です。

 

保存料の役割を果たすような天然のハーブなどは配合されていますが、

人工的で化学的な保存料や着色料、

 

香料は一切使われていませんから、添加物によってアレルギーが起きてしまう恐れはありません。